足の不自由な方や体調悪化の方などを介護する時には、ベッドから車椅子が必要不可欠となります。

しかし、便利なようであってもベッドに横づけする際に、隙間ができると感じた方も多いのではないでしょうか。
これが薬剤師が投薬するとき非常に不便なんです。

実は、車椅子にはタイヤの部分もあるので、ぴったりとベッドへ横付けすることはできません。
このため、薬剤師も立たせてベッドに座らせる際に、負担が大きくなってしまいます。それが、現在ではできるだけそういった負担を減らせる目的でタイヤを外せるものが登場しました。タイヤの片側を外せば、ベッドにぴったりと横付けできるようになります。

こうなれば、薬剤師が投薬時の負担も軽減できますし、投薬される側も立ってから身体の不安定さがある中でも、すぐにベッドに座れるようになるので、何より安心感が生まれるのではないでしょうか。

薬剤師と投薬される側の双方にとってメリットがあるというのは、医療の分野ではとても大きな役割を果たしているといえるのではないでしょうか。不安定な身体を支える際に少しでも負担が軽くなれば、薬剤師の腰痛などの症状を抑えられるようになりますし、投薬される側も抱える際に痛みを感じにくくなるでしょう。このように、医療の世界で欠かせないものであるために車椅子の開発には各メーカーがしのぎを削っています。

実際に、使い勝手の良さは誰もがすぐに体感出来るようになると言われているので、導入を急ぎたい薬局や家庭も多いでしょう。毎日、同じ動作を何度も行うものですから、車椅子の機能の開発に期待を多く寄せています。車椅子のタイヤが外せることが出来ると言うのは、これまでの常識から考えれば、目からうろこの発想だと言えますが、実際に開発され実用が開始されるに連れて大きな恩恵があることが分かっています。

斬新な発想があってこそ、薬剤師や介護される側のニーズを満たす開発が行われています。「こんな機能があれば楽にできるのに。」と思うことは、医療の現場から声を上げて行くことで反映されると納得が行くのではないでしょうか。こういった観点からもブランクのある薬剤師は介護系の職場での復帰が望ましいと思います。
このサイトが非常に参考になりますよ⇒ブランクがあるママ薬剤師の復帰|求人の探し方コツ※私の体験談